2017年5月17日水曜日

白ゴーヤとはなんぞや!?

ちょっと最近興味を惹かれましたものがありまして、

それは白いゴーヤ
ふと耳にした食材(野菜)なのですが、

ゴーヤに白・・・だと!?

世の中にまさか、そんな代物があるのか!?
と思っていましたら・・・

なんと!?

http://bittergourd.kagechiyo.net/mm4/sm2/sm.html

本当にあるようです。

残念ながら、
筆者はまだ食べたことはありませんが(それどころかお目にかかってない・・・)、
世の中に立派に存在する野菜のようですねえ。

どうやら、日本では、
昔から、色の濃い野菜は、栄養が豊富、という教育があったり、
野菜に関する基礎知識として広まっていたりで、
ゴーヤも濃緑色のものの方が世間で受け入れられるだろう、と
ゴーヤの育成を始めた初期に、濃緑色のものを選択して育てていて、
それが広まっていったそうです。

そのため、国内に広く普及していっても(現在では割とメジャーな野菜かと)、
白バージョンはなかなか作られなかったのかな、と。

にしても、知らなかったですが、ゴーヤ自体は、もともと、
この白いもの、濃緑色のもの、淡緑色のものとがあるそうですね。

遅ればせながら、
物珍しさや、新しい商品価値的なところで、
最近、徐々に白いゴーヤも国内で栽培されて、
八百屋等で目にするようになってきたそうです

・・・と言っても、
筆者はまだ目にすらしてないので。
味とかは不明ですが。
(少し苦味が弱いという評価も出てますねえ)

個人的には、料理の色・見た目を気にした際に、
白があると、緑と白を選べて、料理の材料選択の幅が広がってうれしい感じです。


燃えPaPa

0 件のコメント:

コメントを投稿